ヨーロッパのアンティーク・ヴィンテージ雑貨をドイツより。ドイツのエコバッグ、ザイフェンのクリスマスグッズ、お家サロンのインテリアにも最適。
Members
はじめてのお客様へ Sign Up

View Cart
ドイツ製1920年代金のデミタスカップ&ソーサーペア

型番LK130036
販売価格

17,500円(内税)

購入数
カフェポット/幅(注ぎ口から取っ手まで)約17cm 高さ約19cm シュガーポット/幅(注ぎ口から取っ手まで)約12.5cm 高さ約10cm ミルクポット/幅(注ぎ口から取っ手まで)約11cm 高さ約9.5cm
カップ/径約7.5cm 高さ約4.2cm ソーサー/径約11cm 高さ約1.5cm 磁器

裏のマークのGKC BAVARIAはGereis,Kuehnl&CO BAVARIAの略です。
GKC BAVARIAの歴史は古く、経営破たんしかけていたところを3人のビジネスマンにより立て直され、1898年に'Fortuna'というアクセサリーなどを取り扱う会社として発足しました。しかし、彼らには陶磁器を扱う経験がなくその一年後、同社はガライスとキューンルらによって売却されそこから彼らの名前を取りGKC BAVARIAと名前を変更し、1994年に閉鎖されました。
このマークは1900年から1945年まで使われていたものです。
磁器に金メッキを施したもので、カップ&ソーサーは非常に薄く有名なマイセン磁器と同種のものです。
軽く薄いデミタスカップ&ソーサーですが、経年によるスレや小さなキズがあり使用感はありますが小さいながらもとても煌びやかです。華奢な銀のティースプーンとの相性もばっちり。