ヨーロッパのアンティーク・ヴィンテージ雑貨をドイツより。ドイツのエコバッグ、ザイフェンのクリスマスグッズ、お家サロンのインテリアにも最適。
Members
はじめてのお客様へ Sign Up

View Cart
営業時間(ドイツ現地時間)
月〜金10時〜17時・土12時まで
QRコード

IIDA (店長), Ана(アーニャ), Emma(エマ), Schige(シゲ)


ドイツ製1900年代Evangelisches Gesangbuch

型番LSB130032
販売価格

0円(内税)

SOLD OUT
たて約15cm 横約10.5cm 幅約2.5cm 紙

題名の後にはFuer Rheinland und Westfalenとあります。直訳するとラインラントとヴェストファレンの為に。
エヴァンゲリッシュ(カトリックではないキリスト教宗派)の聖歌の本という意味です。
それぞれの聖歌の楽譜と歌詞、ちょっとしたイラスト、歌が西暦何年に誰によってつくられたかなどがきちんと記載されています。
表紙裏は目次になっており、聖歌の種類分け(例えばクリスマスの時期の聖歌など)されております。
聖歌の種類分けでは更に朝歌う聖歌、昼間歌う聖歌、夜歌う聖歌まで時と場所などにも分けられています。
元の持ち主の名前のスタンプや書き込みが裏表紙等に多少ありますが、とても丁寧に取り扱われてきた本なので、1901年発行なのですが大変状態の良い本です。ドイツ語ハードカバー。

ラインラントとヴェストファレンは地方です。これはNordrhein-Westfalen(ノルトライン-ヴェストファレン)州の合併する前の名称です。1947年1月に北ラインラント地方とヴェストファレン地方が合併しました。なので「−」が間に入っています。
Nordノルトは北のことで、北のラインラント地方。ラインはライン川を指します。
Westは東のことで東側にあることを意味します。ちなみにノルトライン-ヴェストファレン州は「NRW」州と先のアルファベートの一文字をとって略されることもあります。当SHOPはNRW州にございます。